三男坊の足の臭さが心配

ウチの三男坊は、足のニオイがすごい。兎にも角にも、靴を脱いで家に上がった瞬間、部屋中に立ち込める納豆臭さ。「納豆」は好きな方なんですけどね・・・。けれど、あの「納豆」のような足臭は、嗅いでいられません。先ずは足の臭いを洗い流せばいいのに、息子は、嫌がらせをするように、わざわざ部屋中を練り歩き、カーペットなどに、足臭を移そうとしやがります。何と言うか、まるで「マーキング行動」です。風呂場で洗っても、足のにおいは、頑固です。消臭スプレーをマット類などにまくついでに、臭い足にもひと吹き。(真似しないで下さいね)靴用の消臭剤を、通学靴のなかにもシュシュッとやります。ともかく、あっちこっちにスプレーします。そこまでやっても、ちょっと臭ってきます。断念してソファーに向うと、ムスコが、生足の裏側をあたしに嗅がせにくる。「臭い?」キツい!マジでキツい!!鼻が曲がりそうになる。「ご飯まだだから先おフロね。」と風呂場に強制連行する。この流れ、飽きてきたな。彼の通学用ソックスは、何だかノリをしたように、足の裏のところが、ガビガビになってる。クリーニングしても直らない。「足臭」は、菌の繁殖が原因みたいですが、何故、「納豆臭」に近いのかわからない。お風呂に入って、石けんで洗って、やっとこさニオイがしなくなります。あの足のにおいは、やっぱり最悪だな。「体臭」というものは、その人がしっかりと本人のにおいを意識できているかどうかで周囲への反応が決まってくるものと感じています。無臭の人など存在しないと考えていますし、生活するうえでは配慮すべき身だしなみの一環だとも感じています。そんなわたしは足の臭いが強烈だとと自身で認識しています。その事実が明るみ出たのは夏場のことで、仕事場から戻ったワタシに妹が、「足の臭いがひどい」と注意してくれたのが最初でした。若干足が汗掻いていると感じてはいたけれど、臭いが伴っていたとは少しも知らなかったのです。その時から積極的に足裏が湿ってきたらソックスを交換するようにしています。けれど、できるだけニオイを抑えようとケアしていても足臭は根強くて、ちょっとやそっとでは治ってくれません。このまま治らなかったら先生に診てもらうことになるかなと考えはじめています。モワンとかおる足臭の防止策はないかと、始終考え続けています。あたしは発汗するとみんながどう感じているのかが気になります。当の本人もベタつくので不快だし「何で運動なんてしていないのに汗をかくかな」って思っています。仕事中でも汗をかくのでフェイスタオルと着替えのシャツは必須アイテムです。直接的に言われてはいないけど、周りはクサイと言っていると思い込んでしまっているのかもしれません。言われたことに不安になっているなと思う自分がいました。汗が出てくるのは当たり前の事ですしみんな一緒なのに、それを非難する人も居るわけで、そこは自分の感情の処理が大切なのだろうと思います。言いたければご自由にという風に考えるのって難しいなと感じています。知人の気分を悪くさせたくないと考えるのって当然なのですが、汗の事を気にし過ぎて友人に気を使わせては気の毒だし自分も苦しむだけなのでやめようと思いました。心遣いは大事なのですけど自分が辛くなるほど悩む必要はないなと考えるようにしたのです。言う人は何かあれば言うと思うので、汗の臭いだけではなく色んなことに文句をつけたい人なんだって思うようにしています。電車などで体が近づくと周囲の汗臭さや体臭を感じてしまいます。前までは意識していなかったのですが、自分ももしかしたら不快な臭いをさせているのではと気になるようになりました。混雑した電車では背中やわきに大量に汗が出てしまいますし、周囲の人に嫌な思いをさせているかもしれません。そう考えると会社にいることも友達に会うのも本心はどう感じていたのだろうか?と外に出るのがイヤになってきました。そんな毎日を過ごし、このままではダメだと、体臭を抑える方法を考えることにしました。体のにおいをごまかす方法として香水をつけようかと思いましたが、混雑した電車でニオイがしたら更にまわりに迷惑をかけてしまうのではと実行しないことにしました。食材でもこのような臭いを改善できると知ったので、スマホで検索してどういった食材と料理が有効なのか情報を集めています。加齢が原因のものでも食材で抑えられるなら、先々も食べ飽きてしまわないように、いろいろな調理法を知りたいです。体のにおいとは永遠にうまくやっていかなければいけませんから。

未成年 わきが 手術